←2

 2時間後。この1ヶ月の、僕と父との交わりを編集したビデオが終了した。
「…は…はぁぁ…ぁぁん…」
 僕はもう、まともな思考のできる状態ではなくなっていた。
 後ろの父に、欲情しきった身体を完全に預けて、ただただ喘いでいる。
 父は、そんな僕の肩を優しく撫でてきた。
「ひゃあ…あはぁ…」
 それだけの刺激で僕は身体を震わせた。
 もう全身どこを触られても感じてしまいそうだった。

←1

「あぁ…はぅ…ん…」
 自室の机には、大学受験のための参考書が広げられている。
 でも僕はそれどころじゃなかった。
 椅子に座る僕の身体を、父が撫で回しているのだ。
「この前の面接だと、合格は間違い無いそうだな」
 父は、僕の胸をまさぐったり、太腿を撫でさすったり…全裸の僕の身体を弄びながら、ごく普通の会話を向けてくる。
「それでも気を抜くなよ。今が大事な時期なんだからな」
「は…はぁ…ぁん…」
 僕は右手に握ったシャーペンを強く握りしめ、何とか参考書に意識を集中しようとするが、無駄だった。
 参考書の文字も、父の言葉もかすんでしまい、ただ父の手の感触だけが頭の中を支配していた。

「守…」
 寝室に向かおうとしていた僕を呼びとめたのは、風間健三・僕の父だった。
「おやすみ」
 でも僕は、父とは視線を合わせず、そっけなくそう言って、部屋に入ろうとする。
「守」
 すると父は駆け寄ってきて、僕の腕を乱暴に掴み、引っ張ってくる。
 僕は父に抱き寄せられてしまった。
「や、やめてよ父さん」
「まだ寝るような時間じゃないだろう…なあ、守」
 父はそうささやいて、僕にキスをしてきた。
「んっ…!」
 僕は必死に抵抗しようとするが、父は僕の身体を両腕で抱きしめて、力を緩めようとしない。
 そして…父の熱い舌が、僕の口の中に侵入してくる…
「父さん!」
 僕はありったけの力を込めて、父を突き飛ばすようにして、その抱擁から逃れた。
「…守?」
 父は不思議そうな顔つきで、僕を見つめている。
「どうしたんだ?」
 僕は爆発しそうな激情を抑えながら、言った。
「もう…やめようよ、こんなの…!」
 …半年前、僕の母は亡くなった。
 それからだ。父が、僕を求めるようになったのは…
「いい加減にしてよ…いくら母さんが死んで悲しいからって、僕に…こんなこと…!」
「それは違う」
 父は語調を強めて、僕の言葉を否定した。
「確かにお前は母さんによく似ているが、そんな事は関係無い。
 私は母さんの代わりにお前を抱いたんじゃない…守、お前自身を愛しているから…」
「だからって、こんなこと…!」

←2

 和幸が三度目の銭湯に行ったのは、小沢に射精させられた日から三日後だった。
 仮病を使ったりしながら、二日風呂に入らなかった和幸だが、母親に注意されて、それ以上言い訳もできず、もちろん本当の事も言えず、夕方、和幸はタオルを持って外に出る。
「……」
 和幸がくぐった銭湯は、前回と同じ、近所のスーパー銭湯だ。
 他の銭湯に行くという考えも、無いことはなかった。
 しかし和幸は、自分でも分からない気持ちによって、引き寄せられるように、この場所に足を向けてしまったのだ。
(またあの人に会うって分かってるのに…
 僕…何やってんだろう…
 それとも、またあんなこと、されたいの…?
 そんな…!)
 自分の思考に首を振って、和幸は更衣室へと向かった。

←1

 翌日。
「よう」
 更衣室で声をかけられ、和幸は声も出なかった。
 昨日近付いてきた中年男性だ。
 これから浴場に向かうところなのか、全裸で、剥けた逞しいペニスを隠そうともせず立っている。
「また包茎チンポを見られに来たのか?」

夕暮れの下、高校生の田中和幸は、溜め息を吐きながら歩いていた。
 彼は今、銭湯に向かっている。
 行きたくて行っているわけではない。
 彼の家の風呂釜が故障して、1週間ほど銭湯通いをしなければならなくなったのだ。
 和幸にとって、「見知らぬ人達の前で裸になる」という行為は、たまらなく恥ずかしく、耐えがたい行為であった。
 それでも、1週間も風呂に入らないわけにはいかない。
 嫌々ながら、和幸は、家からほど近い銭湯に向かって足を進めた。

 中学1年生のふたり、敬と良太。
 いつものように、良太の家でゲームをしていたふたり。
「なあ敬…コレに勝った方が、相手の言いなりになるってのはどうだ?」
「え…? 何それ…」
「いいから。やるだろ?」
「う、うん…」
 ・・・それから数分後。
「よっしゃあ!」
 ガッツポーズを取る良太の横で、溜め息の敬。
「あーあ…負けちゃった…良太くん、強いもん…」
「じゃあ、俺の言うこと、何でも聞くんだぞ」
「…何をすればいいの…?」
 それを聞いて、良太がニヤリと笑った。

 とある場所の、とある密室。
 ひとりの青年が、全裸に剥かれ、ベッドの上で拘束されていた。
 両手両足から伸びる鎖はベッドの四隅に固定され、仰向けで大の字にさせられている。
 そんな、完全に無防備な状態の青年を見下ろす、もうひとりの男。
 細長い体、青白い顔、度の強い眼鏡。男女問わず、あまり好印象は抱かれないような青年だった。
 対する全裸の青年は、彫りの深い男性的な顔立ち、引き締まった体。特に女性には好感を持たれそうな外見ではあった…しかし…
「がっかりですよ、黒田先輩」
 眼鏡の青年がぽつりと言った。
「そんな貧相なチンポだったなんて」